情報処理学会関西支部 支部大会 概要

開催日時 2014年9月17日(水)
開催場所 大阪大学中之島センター
大阪市北区中之島4-3-53 [MAP]
参加費
  学生会員 学生非会員 正会員 非会員
事前登録 1,000円 2,000円 3,000円 4,000円
当日申込 2,000円 3,000円 4,000円 6,000円

 

※参加費は予定価格ですので、変更になる可能性があります。
※大会参加申込方法については詳細が決定次第、ご案内致します。

 

論文募集要項

募集テーマ
  1. 1.グリーンコンピューティング・組込みシステム
    • 省電力、社会のグリーン化技術、組み込みシステム開発設計手法、リアルタイムOS、ミドルウェア、VLSI、マイクロプロセッサ・コントローラ、アーキテクチャ、ハードウェア・ソフトウェアコデザイン、システム技術、制御理論の応用など
  2. 2.ソフトウェアとアルゴリズム
    • ソフトウェア工学、アルゴリズム、数理モデル、仕様記述・検証、再利用・保守、要求工学、アーキテクチャ・設計、ソフトウェア品質、プロジェクトマネジメント、ソフトウェアツール・開発環境、組込み・リアルタイムソフトウェア、ソフトウェア工学教育など
  3. 3.社会知能
    • 人工知能、認知科学、学習科学、機械学習、マルチエージェント、社会的インタラクション、ロボット工学、ブレイン・マシン・インタフェースなど
  4. 4.並列分散処理
    • 並列分散アルゴリズム、並列分散アーキテクチャ、スケジューリング、スーパーコンピューティング、クラウドコンピューティング、仮想化、高信頼化技術、負荷分散、並列処理言語、並列分散処理応用、並列分散データベース、並列分散処理システム開発支援など
  5. 5.ネットワークサービス
    • インターネット、モバイル、無線通信、アドホックネットワーク、センサネットワーク、ITS、ネットワーク管理、ユビキタス情報処理、情報家電、セキュリティ、グループウェアなど
  6. 6.言語情報処理
    • 自然言語処理、テキスト検索、テキストマイニング言語学、知識の獲得・表現、自然言語理解、音声対話理解、会話エージェントなど
  7. 7.メディア・インタラクション
    • ヒューマンコミュニケーション、仮想現実感、複合現実感、高臨場感コミュニケーション、人間機械共存系、コンテンツ、情報検索、データマイニング、メディア統合、視覚情報処理、画像理解、色彩応用、音響処理、グラフィックスなど
  8. 8.その他
    • 上記以外の情報処理分野のテーマ

 

※プログラムの都合によりご希望に沿えない場合もございますが、予めご了承下さい。

応募方法

2014年5月29日(木)より受付開始しました。

発表形式には口頭発表とポスター発表を用意しておりますので、申込時にご選択下さい。デモ等がある場合はポスター発表をご選択下さい。
ただし、会場の都合上、ご希望の発表形式に沿えない場合もございますが、ご了承下さい。発表形式は、発表件数ならびに発表内容を元に、支部大会実行委員が判断し最終決定致します。結果は、講演番号をお知らせする際、連絡致します。

お申し込み

たくさんのご応募、誠にありがとうございました。

  申込手続きの際の注意事項

  • お申し込み後の連絡は全て日本語で行っております。申込代表者の連絡先には、日本語が分かる方を登録して下さい。
  • お申し込み後一両日中に、申込代表者宛に申込受付完了のメールを差し上げます。お申込み頂いたにもかかわらず受付完了のメールが届かない場合は、申込みが完了していない可能性もございますので、お手数ですが事務局までご連絡下さい。
  • 入会申請中の方は、速やかに入会手続きを完了させて下さい。後日、入会確認をさせて頂く場合がございます。
    情報処理学会への入会はこちらから
申込〆切

2014年6月20日(金)

申込締め切りを、2014年6月27日(金)正午まで延長しました!

提出方法 口頭発表者・ポスター発表者とも、下記に従って論文原稿を期日までに提出して下さい。
■論文原稿:

口頭発表者・ポスター発表者とも、下記執筆要領を目安にして、A4判2ページ〜8ページの論文原稿を作成して下さい。 7月中旬頃、事務局より申込代表者宛てに「講演番号」をメールでお知らせ致しますので、その番号を所定の位置に記載のうえ、PDFファイルに変換して提出締切日までにご提出下さい。
お送り頂くファイル名は「講演番号.pdf」[例:A-01.pdf]とし、メールの件名に「講演番号/筆頭著者名」を明記して下さい。[例:A-01/情報 太郎]

>>執筆要領はこちら [Word]

■論文著作権:

ご提出頂いた論文の著作権については、情報処理学会著作権規程に基づき対応させて頂きますので、ご了承願います。論文を提出頂く際に、併せて「著作権譲渡契約書」をFAX:075-325-3024 もしくはメール添付でご提出下さい。
ご提出頂いた論文は支部大会終了後、情報処理学会電子図書館(情報学広場)で公開致しますので、予めご了承下さい。

>>著作権譲渡契約書はこちら [Word]  [PDF]

■原稿提出〆切:
2014年7月25日(金)
■原稿提出先:
jimu@kansai.ipsj.or.jp
発表形式について
■口頭発表
  • 質疑を含めて1件約15分の予定ですが、申し込み多数の場合は時間を短縮することもありますのでご了承下さい。
  • 液晶プロジェクタの使用を原則とします。ノートPCは各自でお持ち込み下さい。また、会場のプロジェクタはアナログ入力ですので、Macをお使いの場合は変換アダプタをご持参下さい。
■ポスター発表
  • 発表時間は120分を予定しています。
  • ポスター用のパネルとデモ用の机、電源を用意致します。それ以外に必要なデモ機材等は全てお持ち込み下さい。
  • ポスターの展示可能サイズは幅1200×高さ1100[mm]です。A0縦でご作成の場合は下から90mmの余白を設けて下さい。

 

※口頭発表会場・ポスター発表会場とも、インターネットへの接続環境はご用意しておりませんので、必要な方は各自でご用意下さい。

発表申込に当たっての注意事項
  • 論文原稿提出〆切後の表題変更、共著者の追加・変更等、申込情報の変更は一切受け付けませんのでご注意下さい。
  • 論文原稿提出〆切後に発表をキャンセルされた場合、キャンセル料が発生する場合があります。
  • 論文原稿提出〆切後にキャンセルのお申し出があった場合でも、書誌情報(表題、講演者及び共著者の名前・所属、論文概要)と原稿は、原則プログラムや論文集、電子図書館に掲載いた しますので予めご承知置き下さい。
  • 大会開催の1週間前に論文を公開します。 そのため公知日は、大会開催の1週間前となります。
  • 講演の代理(代読)は原則として認めません。
  • やむを得ず発表をキャンセルされる場合、必ず事務局までご連絡下さい。
学生奨励賞について
  • 支部大会における情報処理学会 学生会員(入会申請中も含む)の発表(口頭発表、ポスター発表)は、学生奨励賞の表彰候補となり、優れた発表に対しては、学生奨励賞及び副賞が授与されます。ただし、過去に本賞を受賞したことがある方は受賞対象外となりますので、ご了承下さい。
  • 学生奨励賞の発表は、支部大会終了後の懇親会の中で行います。
  • 受賞者の書誌情報と論文原稿は、後日関西支部ウェブサイト上に掲載致しますので、予めご了承下さい。
推薦論文について 支部大会における優れた発表論文(ただし、著者の少なくとも1名が本学会員であり、論文原稿6ページ以上のもの)は、情報処理学会論文誌ジャーナルへの推薦対象となります。
(参考:推薦論文について
キャリアエクスプローラーマーク(CEマーク)の運用について 情報処理学会関西支部では、本大会が就職を控えた学生やポスドクを始めとする求職側と企業・大学・研究所などの求人側との出会いの場となるよう、講演者が求職中であることを明示する印として、キャリアエクスプローラーマーク(以下CEマーク)の運用を行っております。
大会プログラムへの表記もご希望の方は、お申し込み時に「CEマークを記載する」にチェックを付けてお申し込み下さい。
CEマークの運用について詳しくはこちらをご覧下さい。

● 問い合わせ先 ●

支部大会の詳細は、情報処理学会関西支部のウェブサイトで順次お知らせする予定です。
ご質問等は、E-Mailにて下記支部事務局までご連絡下さい。

情報処理学会関西支部 事務局 担当:山内・小見山
(公益財団法人 京都高度技術研究所 内)
TEL:075-315-9014  FAX:075-325-3024
E-mail:jimu@kansai.ipsj.or.jp

トップページへ